愛する子供と元気に過ごすための 11月後半の運勢

愛する子供と元気に過ごすための
2022年11月後半の運勢

 

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

11月後半は視野を広げるように心がけて。普段は目を向けない方面まで情報収集するといいですし、そうせざるを得ない場面もあるでしょう。

特に、仕事ではあまり話す機会がない人と接点ができるかもしれません。プライベートでも遠い存在と思っていた人と繋がる可能性があるので、毎日が家と職場の往復で終わっているなら世界が広がるきっかけをつかみそうです。

家事育児をワンオペでこなすことが多いなら、子どものお世話をパートナーに任せて趣味のイベントやワークショップに参加してみるといいでしょう。楽しい時間がすごせるはずです。

対人面では、家庭内でも職場でも言葉選びを慎重に。年末にかけてはうっかり失言をしやすくなるので、親しい人ほど気遣いと礼儀を忘れないようにしましょう。

金運はボチボチ。大きくお金を遣う予定がなくても、来月のクリスマスや年越しを見越して節約しておくと安心です。

 

 

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

パートナーとの会話を大切にしたい時期です。夫婦で話し合いたいことがあるなら早めに声をかけて。言いにくい内容であっても、23日の祝日までならスムーズに話ができるはずです。

仕事ではルーティンワークをこなすだけでなく、売上や集客に貢献することを意識すると良さそうです。内勤や売上に直結しない業務に就く人は、自分の頑張りが誰にどんな影響を与えるか考えるといいでしょう。

ただ、損得勘定をしすぎると、大きな成果を手に入れるはずがゼロに逆戻りする可能性が。周囲からの信用を失うかもしれないので欲張らないように。

月末に差しかかる頃は、周りの声に耳を傾けると良さそうです。ママ友や同僚の何気ないひと言に目からウロコが落ちるかもしれません。ひと皮むけるきっかけをもらえるはずです。

お金についてはパートナーの収入にアップダウンがあるかも。小さなことも共有し合うといいでしょう。

 

 

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

先を見据えながらも、慌てずマイペースを守りたい時期です。

年内はせっかちになるほど空回りしてしまうので、家庭でも職場でも予定を詰め込みすぎないように。最低限のやるべきことを決めたら、ほかは「できたらいいな」くらいでいいかもしれません。

月末に差しかかる頃はパートナーと過ごす時間を大切に。夫婦として、あるいは子を持つ親として、今までとは違うつながり方ができるようです。

家事も育児も「こうしなくちゃいけない」と思い込んでいたことを、「夫婦で向き合えばうまくこなせる」と気づくかもしれません。

金運は周囲の影響を受けやすい時期です。フリーランスや副業、成果報酬型の働き方をしているならアップダウンが大きくなるはず。無茶はしないようにしましょう。

 

 

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

23日頃までは子どもとのやり取りが楽しくなりそうです。成長を実感できたり、親子で貴重な体験ができたりするでしょう。

また、そうした出来事をパートナーとも共有することで夫婦の絆がいっそう深まるはず。祝日は親子でお出かけをするといいかもしれません。

仕事運は下旬に入って右肩上がりに。イージーモードで進められる案件やスムーズに片付く業務に恵まれそうです。

月末が近づくと新しい展開が起きやすく、今までにない指示をもらうかもしれません。あるいは、あなた自身がスキルアップを目指して新しいことを始めたくなる可能性も。

金運は堅実モード。無駄遣いに注意すれば、遣いたいときに我慢しないで遣えるでしょう。

家族でのお出かけは近場で済ませると良さそうです。

 

 

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

11月後半は親子関係が次のステージに進むでしょう。子どもが一人でできなかったことをできるようになっていたり、新しい習慣を作ったりして今までにない関わり方ができるようになるはず。

子どもの習い事や通信教育を始めるにも良いタイミングです。

仕事では上司とのやり取りを丁寧に心がけて。大事な話は早めにしたほうがいいですし、言いにくい内容も正直に伝えることで業務がスムーズに進むようです。

チームで動いている人は、いつも以上に周囲と足並みをそろえることを意識しましょう。せっかちにならなければトラブルや揉め事は起きないはず。

金運はパートナーが好調です。職場での昇給や副業を検討するなら年内に準備するといいでしょう。

 

 

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

月末に近づくにつれ家族の絆が深まる時期です。23日の祝日はみんなでお出かけしたり、子どもが楽しめるレジャーを楽しんだりするといいかもしれません。

また、子どもや両親のことを考えて、引っ越し・二世帯同居を考えるにも良いタイミングです。

仕事運は堅実モード。ガツガツしても年内は空回りしがちで得るものは少ないかもしれません。新しいことに挑戦するより、これまでの実績を確実なものにして、苦手なところはじっくりスキルアップするといいでしょう。

今年の振り返りをすると、2023年を迎えるまでに準備したいことが見えてくるはずです。

金運は動きに乏しい時期ですが、サイズアウトした子どものアウターや冬物家電の購入にお金がかかりそうです。多少値が張っても長く使えるものを選びましょう。

 

 

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

2023年の始めまで見越したお金の計画を立てましょう。

クリスマスにパーティーを予定していたり、実家への帰省が決まっていたりするなら、具体的な予算を立てて必要なお金を寄せておくと安心です。

もし11月前半でお金を遣いすぎたとしても、月末までに調整できると12月も不安なくやりくりできるはずです。

職場では担当業務が増えて荷が重く感じるかもしれません。忙しくなるほど仕事と家庭の両立には工夫が必要になるでしょうが、年内に恵まれたポジションや環境を確保できれば来年は良いスタートが切れそうです。

月末にかけては引っ越しやマイホームの購入、両親との同居など、家にまつわる話をするのに良いタイミングです。

子どもの成長に合わせて住環境を変えたい場合はパートナーとじっくり話し合うといいでしょう。

 

 

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

主体的に動くことを心がけると効率良く物事を進められる時期です。

家庭ではパートナーの意見を尊重しつつも、自分がどうしたいかを大切に。職場では忖度するより自己主張を重視すると良さそうです。

また、11月後半は子どもとのやり取りが比較的スムーズで、楽しいおしゃべりがたくさんできそうです。年末が近づくにつれ忙しくなるかもしれませんが、親子ですごす時間はできるだけ確保して。

月末にかけては中長期的なマネープランを立てるといいかもしれません。住宅ローンや教育費は一人で考えるだけでなく、ファイナンシャルプランナーや保険の窓口などプロに相談すると良さそうです。

昇給や副業を検討している人は具体的なアクションを起こして積極的に。ためになる情報が集められるはずです。

 

 

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

11月後半は頭の中で考えていたことを行動に移すことになるでしょう。「待ちくたびれた」「ようやく動ける」とホッとする人もいるかもしれません。

月末にかけてはかねてから考えていた育児方針をパートナーに話したり、やりたい仕事をするために方向転換したりする場面がありそうです。

また、それによって教育費や家計に影響があっても、長い目で見れば「あの判断は正しかった」と思えるはず。

子どものため、あるいは自分のために、妥協や我慢の道を進むのはもうやめましょう。

パートナーとはたくさん話したい時期です。他愛ないおしゃべりはもちろん、家族について真剣に議論するのもいいでしょう。

たとえバチバチやり合っても、月末にはお互いに納得できる着地点が見つかりそうです。

 

 

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

11月後半は「私が主役」と思える場面がたびたびあるでしょう。

「こうなったらいいな」を実現できるきっかけをつかめたり、プレッシャーを感じながらも明るい見通しが立ったりするはずです。

家のことでも仕事でも、やりたいことがあるなら思い切って「エイヤ!」と一歩踏み出して。月半ばをすぎたあたりは協力者に恵まれやすく、年末までは欲しい情報をタイミング良くつかめるようです。

仕事は地味に忙しいでしょうが、見る人はちゃんと見ていて評価につながるはずです。

ただ、11月後半は公私ともに気持ちが張り詰めやすく、ストレスを溜めてしまうかもしれません。おいしいものを食べて、お気に入りの曲を聴きながら、マメに気分転換するといいでしょう。

お金に関しては無理なく堅実に。成果報酬スタイルで働くなら、地道な頑張りがしっかり収入につながるようです。

 

 

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

人間関係もお金も、いろいろなことがスムーズに動き出す時期です。

中長期的なマネープランを立てるには良いタイミングなので、子どもの教育費や住宅ローン、個人年金を検討するなら2022年のうちに。

家庭について、特に子育てに苦戦しているなら、月末間近に心がスッキリ晴れる場面があるでしょう。

子どもが言うことを聞かないと冷静でいられなくなるでしょうが、感情的になっても空回りするだけ。クールダウンして淡々と向き合ったほうが親子関係はうまくいきそうです。

仕事では重要なアポや契約を早めに取りつけて。のんびりしていると月末が迫ってから慌ててしまいそうです。

また、ひたすら利益を追求するより人の気持ちを大切に。ウィンウィンの関係を目指したほうがうまくいくでしょう。

 

 

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

11月後半は「小さく収まらない」がテーマになりそうです。

子どもがいるから、時短勤務だから……と狭い世界に自分を閉じ込めることはありません。

視野を広げると「子どもがいてもやれること」「今の自分だからこそ見えてくるもの」があるでしょう。

下旬に入ると仕事で新しい局面を迎えそうです。年内の業務や2023年を見越した展開について情報が入ってくるかもしれません。

あるいは、新規の提案や副業などやりたいことがあるなら、年内に動き出すつもりで具体的に計画を立てるといいでしょう。

次のステップに目を向ければ無意識のうちに行動が変わり、身近に接する人も変わるようです。

金運はボチボチですが、交際費がいつもよりかさむかもしれません。ただ、会いたい人や繋がっておきたい人がいるならケチケチしないように。2023年につながる縁を大切にしましょう。

Comments are closed.